米沢の宝もの〜山形県米沢市の観光・自然・体験・史跡・人物・文化を紹介〜

食材

米沢の宝もの「よねざわ味のABC」

A=舘山りんご
【舘山りんご】
 舘山りんごは、明治時代桜桃の苗木とともに配布され屋敷内に移植したのが最初といわれています。以来米沢の重要物産として育てられてきました。現在ではふじ、紅玉、スターキング、津軽、あかねなどの多品種が栽培されています。酸味、実の固さ、香りすべてにおいて高い評価を得ていて、中央農産物品評会で数多くの賞を受賞しています。
B=米沢牛
【米沢牛】
 米沢牛は、明治の初め米沢興譲館に赴任した英語教師C・H・ダラスにより、日本中に知られることとなりました。1年中寒暖の差が大きい気象条件、澄んだ空気ときれいな水が特上の霜降り肉を作り、そして何より、生産者たちのたゆまぬ努力と愛情が美味しい米沢牛を育てます。
C=米沢鯉
【米沢鯉】
 米沢鯉の歴史は古く、上杉鷹山が貴重なタンパク源として、相馬から稚魚を取り寄せ、米沢城のお堀で育てたのが始まりといわれています。米沢鯉は泥臭さがまったくなく、冬の厳しい寒さにより身が引き締まり、良質な鯉として県内外の多くの方々から好評を得ています。
 

米沢お宝発掘プロジェクト
〒992-0045 山形県米沢市中央四丁目1番30号 米沢商工会議所 tel. 0238-21-5111(代表)