米沢の宝もの〜山形県米沢市の観光・自然・体験・史跡・人物・文化を紹介〜

郷土料理

鯉の甘露煮(うまに)
鯉の甘露煮(うまに)
米沢鯉の歴史は古く、上杉鷹山が貴重なタンパク源として、相馬から稚魚を取り寄せ、米沢城のお堀で育てたのが始まりといわれています。鯉の甘露煮は米沢の冠婚葬祭には欠かせないものになっています。
 
ひょう干しの煮物
ひょう干しの煮物
ヒョウは和名スベリヒユという雑草です。独特の酸味とぬめりが特徴で、初夏に畑などに自生します。干して保存し、冬場に煮物にしていただきます。“ひょっとして良い事があるように”との意味あいを込めて正月料理として食されています。
 
冷や汁
冷や汁
冠婚葬祭や行事の欠かせないもので、その由来は、陣中料理とされる説があります。
ゆでた季節の野菜に、貝柱と干し椎茸でとっただし汁をかけて食しますが、各家庭によって異なり決まりはありません。
 
塩引き寿司
塩引き寿司
米沢では鮮魚が手に入りにくかったため、塩引きにして食されていました。鮭の切り身を使った塩引き寿司は、色どりが紅白になることから正月やめでたい席に出されます。
 

米沢お宝発掘プロジェクト
〒992-0045 山形県米沢市中央四丁目1番30号 米沢商工会議所 tel. 0238-21-5111(代表)