米沢の宝もの〜山形県米沢市の観光・自然・体験・史跡・人物・文化を紹介〜

三陸鉄道の復興を祈願して、
米沢市の有志の方々が「お鷹ぽっぽ」を贈りました。
 風光明媚なリアス式海岸沿いを走る三陸鉄道は、今回の震災で大きなダメージを受けてしまいました。それでも復興に向けて着実に動き始めています。
 もともと三陸鉄道と米沢の関係は、元アサツーDK社長、現岩手県中核観光コーディネーター・三陸鉄道(株)観光企画室長、草野悟さんとの親交から始まりました。
 草野さんは2001年に開催された、上杉鷹山生誕250周年祭「YOZANフェスティバル」の総合プロデューサーを勤め、それ以来たびたび米沢を訪れて多くの方々と親交を深めています。
 この度、そんな草野さんと三陸鉄道を励まそうと、米沢市の有志の方々が大きな「お鷹ぽっぽ」を贈りました。5月23日の盛岡タイムスに「米沢の友情に涙 再生の願いが込められた『お鷹ぽっぽ』」と題して、草野さんの文章が掲載されています。

三陸鉄道の復興を祈願して、米沢市の有志の方々が「お鷹ぽっぽ」を贈りました。
[2011年5月23日 盛岡タイムス]
米沢お宝発掘プロジェクト
〒992-0045 山形県米沢市中央四丁目1番30号 米沢商工会議所 tel. 0238-21-5111(代表)