米沢マイメモリーシーン
イメージ
思い出photo
懐かしい米沢の写真を掲載しています。
米沢市公会堂(現米沢市市民文化会館)
米沢市公会堂
現米沢市市民文化会館
現在の米沢市市民文化会館
現在の米沢市市民文化会館の建物は以前「米沢市公会堂」といっていろんな催事がおこなわれました。昭和41年興譲館吹研が置賜管内で初の定期演奏会を行った時のもので、自転車の量が盛況さを物語っています。左側は消防署で火の見やぐら鉄塔の一部が見えます。
商工会議所2005年カレンダーより転載
写真提供:株式会社川島印刷
桜で彩られた市立図書館
桜で彩られた市立図書館
現在の松岬公園
現在の松岬公園
松岬公園めがね橋より堀端南方を望むと、現在の米沢観光物産協会から西にのびる塀のあたりには、当時ギリシャパルテノン神殿を参考につくられたという米沢市立図書館が偉容を誇っていました。満開の桜と大理石風の白い建物が絶妙のコントラストをかもしています。
商工会議所2006年カレンダーより転載
写真提供:株式会社川島印刷
子どもの夢、米沢児童センター
子どもの夢、米沢児童センター
現在の招魂碑前広場
現在の招魂碑前広場
昭和32年、上杉まつりの前日に「米沢児童センター」として現在の招魂碑前広場にオープンしました。観覧車をはじめ、おさるの電車やミニゴーカート、ブランコなどがところせましと設置され、初めての本格的な遊園地として家族連れで大混雑の毎日でした。3年後に南側にセンター会館も建設され、一層の充実がはかられ人気を博しましたが、昭和46年解体され、現在地の形となりました。
商工会議所2007年カレンダーより転載
写真提供:株式会社川島印刷
子供たちの楽しみ、自然プール
子供たちの楽しみ、自然プール
現在の相生橋
現在の相生橋
子供たちの夏のアウトドアは「水浴び」。プールが現在のようにない時代は河原が唯一の自然プール。滝の水しぶきを浴びておもいっきり楽しむ子供たち。真っ黒に日焼けした姿と口からほころぶ白い歯が印象的でした。
商工会議所2007年カレンダーより転載
写真提供:株式会社川島印刷
米沢上杉まつり開幕パレードの様子
米沢上杉まつり開幕パレードの様子
現在のおまつり広場駐車場
現在のおまつり広場駐車場
昭和40年代初めの頃、上杉まつりの開幕を飾り市吹奏楽連盟が市中パレードを行っていましたが、その出発点が旧米沢二中グラウンドでした。バンドの後方にはサーカス小屋が見えます。現在はおまつり広場駐車場になっています。
商工会議所2008年カレンダーより転載
写真提供:株式会社川島印刷
米沢の玄関口 米沢駅
かつての米沢駅
3
現在の米沢駅
米沢〜福島間に初めて汽車が走ったのは明治32年。当時の駅舎は木造平屋建てで、乗降客の出入りはかなり多く、駅前には旅館をはじめ運送会社などが建ち並びました。駅舎の大改築は昭和4年秋から始められ、翌春、新駅舎が完成しました。当時は米沢の玄関にふさわしいモダンな停車場で、市民の自慢のひとつでもありました。
商工会議所2008年カレンダーより転載
写真提供:株式会社川島印刷
copyright Yonezawa My Memory Scene. All right reserved.